「結婚しよう」がすぐそこに。 ご成婚に特化した名古屋の結婚相談所 Maria Bridal

お見合いの心得

  • HOME »
  • お見合いの心得

Point1 毎回、必ず前日確認を!

お見合いの前日に必ずマリアブライダルに確認の連絡を入れましょう。
また、マリアブライダルから前日確認の連絡があった場合は、必ず了解のお返事をお願いいたします。
(前日に確認できない場合は、前々日でも構いません)お見合いの時間・場所・マリアブライダルとの待ち合わせ場所の確認をお願いいたします。
いつものことだから大丈夫!わかっているから大丈夫!と思わないで必ずお願いいたします。
お見合いへの意識を持っていくきっかけにもなります。

point1

 

Point2 事前準備を怠らない!

プロフィールによく目を通してお相手の分析をする。
趣味・家族構成などから共通の話題を考えたり、お相手の興味のある話題の最新情報をチェックしておきましょう。
お見合いの場所や周りのお店、交通手段・所要時間の確認を。
マリアブライダルとの待ち合わせ時間は、お見合いスタートの10分前
時間の計算ができない車の使用は避けましょう。どうしてもという方は、時間にかなりの余裕をもってご自宅から出発してください。
当日、予定していた駐車場が満車の場合も多々ありますので、離れた駐車場を下見しておき、そこからの移動を考えてください。
遅刻は厳禁です。
遅刻をする人は、「一緒に生活する上でもだらしないのかな?」と悪い印象を与えてしまいます。それだけで「あまり乗り気でないのかな?」とテンションが下がってしまいます。お相手を迎えるという気持ちで臨みましょう。
数分でも遅れそうな場合は、即座に連絡をくださいね。
point2

Point3 当日の身だしなみ

第一印象は、最初の3秒で決まります。

最初の3秒で相手にどのような印象を持ってもらったかで、お見合いの1時間、2時間が決まります。髪型やスタイル等は自分の努力次第で変えられます。
ご自身を磨く努力を怠っている人に結果はついてきません。努力をしない人には、そりなりの人生しか出会うことができないといっても過言ではないでしょう。

男性の場合は、何よりもまず「清潔感!」

この清潔感というのはクリーニングに出してあるということではなく、あくまでお相手が貴方の服装を見た時に清潔さを感じられるかということです。
剃り残しの髭、鼻毛が出ていないかチェックする。それから日ごろからお部屋のお掃除も大切です。ほこりが溜まっているお部屋から出したスーツを着てきても「モワァー」と臭いますよ。普段から清潔を心掛けて下さいね。

女性の場合は、「女性らしさ」を心掛けて下さいね。

とは言え、スタイルに自信があるからといってミニスカートや胸元の開いている等、男性が目のやり場に困るような服装は避けましょう。
また、男性はスーツで来られるのでTシャツやジーンズなどラフすぎる服装も避けてくださいね。
やさしい感じのワンピースや柔らかい印象のスーツなどが好印象を持たれます。お化粧もナチュラルメークを目指して気合の入りすぎた派手な色使いは避けたほうがいいでしょう。

男女とも自分ではあまり意識が行き届かないが目の行きやすい頭髪、爪、靴、後姿は、要注意です。「一緒に街を歩きたいなぁ」と思ってもらえるように頑張りましょう。

point3

Point4 緊張をグッと抑え、丁寧なあいさつを

お見合い当日、立ち合いに伺いご紹介をさせていただきますのでご安心くださいね。

その時、緊張されているかと思いますが、笑顔を忘れずにハキハキとお相手の目を見て好印象を持っていただけるご挨拶をお願いいたします。

Point5 お相手へのマナーを守って

携帯電話は必ず、電源をOFFかマナーモードにしてください。
携帯の音が話の腰を折って折角の盛り上がりが台無しになります。
臭いのマナーも気を付けて。煙草を吸う方は、吸わない人にとって嫌悪感をとても催します。お見合いの席で吸えないから始まる前にもタブーです。これ、意外とわかるんです。

それ以外の香りのマナーも気を付けてくださいね。香水・整髪料のつけすぎに注意ご自身の香りは鼻が慣れています。意外とつけすぎていてお相手に不快感を与えていることもあるので、普段から周りの方にチェックしてもらって下さいね。
会ってすぐにお相手がタイプでないと感じて、早く終わりにしたいと思う場合もあるでしょうが、少なくとも1時間はお話に付き合ってください。

その時に不服そうな態度や終始やる気のない態度をとるのは大人としてのマナー違反です
言うまでもないですが、ご自身がお相手に同じ態度を取られたらどう思うか?お相手を不愉快にさせるような事がないように落ち着いて考えて、お互いが気持ちよく楽しい時間を過ごしてください。

point5

Point6 話題と表情

初めましてで、何から話していいのか何を話していいのか分からない上に緊張も加わり頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、そんな時は正直に「すごく緊張してしまって」ということを伝えてみましょう。
お相手も自分だけじゃないんだと安心して、それがきっかけとなり、距離が縮まり打ち解けて、会話が進むこともあります。

大丈夫!!初対面でそれも将来のお嫁さん(旦那さん)になるかもしれない人が目の前にいて緊張しない人なんていません。大丈夫!!あなただけじゃない。みんな同じなんです。ここは「自分だけじゃない。みんな同じなんだ。」と落ち着きを取り戻してくださいね。私もお見合前と同席中は、リラックスモードになるように努めます!!また、お相手の好きなことや食べ物を聞いて共通の話題を見つけましょう。

ただ矢継ぎ早に質問攻めをしたり、一方的に喋るのではなくお相手に話すきっかけを作りながら「聞く・話す」バランスを大切にしながら楽しい時間を作りましょう。
会話の時に大切なのが表情です。終始にこやかな表情で話をするのですが、目が笑っていない方がみえます。

緊張してそうなるのかもしれませんが目は口程に物を言うといいます。「無表情で笑顔も愛想もなく、怖かった」とお断りのケースが多くあります。

 

Point7 当日のお茶代

お見合いの席料(飲み物代)は、男性ご負担でお願いいたします。
立ち合い同席の場合のお茶代も含めてのお支払いとなりますので、現金のご用意を忘れずに。
point7

 

Point8 お見合いを終えて

お見合いの時間は1時間から1時間半ぐらいを目安としております。

「もう少し話をしたいなぁ。」

と思ってもらえるぐらいで切り上げて帰ったほうが次につながる確率は高いです。
もしも思うように話せずそのまま時間が過ぎてしまっても大丈夫。
初めから緊張せずにスムーズに会話ができる人なんて少ないです。
次に会ってもらえるように好印象を持ってもらいましょう。

別れ際は、とても大切です。
「今日は、ありがとうございました。」としっかりお礼を伝えましょう。
また、今日会ってくれたことに感謝して、表現の仕方が不器用でもさりげない思いやりや優しさを見つけてあげてください。
誰でも完璧な人はいないのです。お見合いは、人の欠点を見つける場所ではないです。
お相手のいいところを見つけられる人が成功へとつながります。

point8

 

Point9 お気持ちの連絡

お見合いが終わられましたら、マリアブライダルに交際を希望されるかどうかお返事を下さい。

遅くとも翌日の午後1時ごろまでにご連絡をお願いいたします。
お見合い時のお二人で直接の連絡先交換はルール違反となります(名刺交換もNG)。お断りもルール違反となります。お見合いの短い時間で全てがわかるものではありません。2回目の緊張がほぐれた場での時間を作ってみましょう。
自然体で出会うとお見合いでは、見えなかったお相手の良さがわかることがあります。
point9

 

 

 

PAGETOP
Copyright © maria-bridal All Rights Reserved.